旧三式保管所(移転済)

http://yaplog.jp/miyaty/の転載は永久に禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

侍戦隊シンケンジャー(14)

ソース:ハイパーホビー12月号、東映ヒーローMAXvol.31


●秘伝装填銃モウギュウバズーカ

榊原ヒロが開発した牛折神の力を込めた新たな武器。
シタリの新たな作戦によってピンチに陥ったシンケンジャーの元に届けられた。
単体でもナナシ連中を一掃する力を発揮するが、
シンケンマル・インロウマルを合体させることでスーパーモウギュウバズーカとなり、
強力な必殺技を放つことができる。

更には、"大"のモヂカラで巨大化、モウギュウダイオーが使用することも可能だ。


●11月の秘伝放映一覧
第三十六幕 加哩侍(11/1)
脚本:大和屋暁 監督:竹本昇
ソギザライ登場

第三十七幕 接着大作戦(11/8)
脚本:石橋大助 監督:竹本昇
モチベトリ登場
アヤカシのモチベトリが放出した粘着物質によって、
流ノ介と千明の両手が手錠のように繋がってしまった。
この粘着物質はシンケンマルを用いても切ることができない。
どうやら、モチベトリを倒すしか、2人が元通りになる方法は無いようだった。
だが、いずれにせよ、このままでは2人は戦いに参加できない。
そんな時、再びモチベトリが出現する─────。

第三十八幕 対決鉄砲隊(11/15)
脚本:小林靖子 監督:加藤弘之
イクサズレ登場
明日は、ジイが年に一度、昔亡くした妻の墓参りをする日だった。
ジイには娘も孫もいるのだが、戦いに巻き込まないため、丈瑠を育てることになってからは、
ずっと離れて暮らしているのだという。
ただ、丈瑠には気がかりがあった。
外道衆との本格的な戦いが始まってしまった以上、
今年はジイがその墓参りにさえ行かないのではないか、と────。
そこで丈瑠たちは、ジイを墓参りに行かせるため、ある作戦を立てた。

第三十九幕 救急緊急大至急(11/22)
脚本:小林靖子 監督:加藤弘之
切神登場
ある島に、異変が起こっていた。
数日前から住民たちと全く連絡が取れなくなり、
様子を見に行っても、戻ってきた者は僅かしかいないと言う。
しかも、彼らの証言によれば、島の住民たちが突如、襲って来たと言うのだ。
外道衆の企みかもしれないと睨んだシンケンジャーは一路、島へと急いだ。
流ノ介とことはが掴んだ情報で、異変が起こったのは、
島に「黒い灰」が降った直後からだということが判明するが・・・。

第四十幕 御大将出陣(11/29)
脚本:小林靖子 監督:渡辺勝也
ドウコクの様子から、そろそろ薄皮太夫を連れ戻す時期だと感じたシタリはアクマロを呼び出した。
今、太夫の三味線はアクマロの手にあるからだ。
アクマロによると、太夫の三味線はある海岸近くの”隙間”に隠してあるというのだが・・・。
ストーリー上、大きな節目となる一編。
薄皮太夫が外道に堕ちる前の姿”薄雪”も再び登場するほか、
ついにドウコクが動き出す─────!?
緊迫感溢れる展開は圧巻!!


テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2009/10/31(土) 04:02:18|
  2. 特撮:侍戦隊シンケンジャー
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ca3.blog76.fc2.com/tb.php/530-ea4d8e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

CA-3

Author:CA-3
◆FgxkHl8096

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

広告

サーバー・レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※現在は募集していません。押しても無駄です。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。