旧三式保管所(移転済)

http://yaplog.jp/miyaty/の転載は永久に禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仮面ライダー電王(40)

ソース:ホビージャパン8月号
S.I.C.ヒーローサーガ9話


仮面ライダー電王 -1971年4月3日-

Episode9「7人ライダー」
籐兵衛を庇い瓦礫の下敷きになった猛。
籐兵衛が自分の名前を知っていたことが気になっていた猛は、
偶然コハナと出会いここまで来たのだ。
コハナの命令で渋々猛と籐兵衛を抱えてデンライナーに向かうジーク。
デンライナーに到着し、ナオミの応急処置を受ける猛だったが、心臓が止まっている。
そこにオーナーこと刑事長こと緊急救命士がAEDを持って現れ、
猛の胸に何度も押し当てる。
歴史を変えてしまったことを公開する籐兵衛に、オーナーは
「猛を人間のまま死なせるのか、人間でないものになって生き返らせるのか」と告げる。
究極の選択に悩む籐兵衛。
するとオーナーは岩石大首領を倒すために過去から連れてきたエキスパート達を呼ぶ。
デンライナーを降りていったのはストロンガー、アマゾン、X。
それを見た籐兵衛は、彼らに最後の決断を委ねようとする。
そんな籐兵衛の心を見透かしたかのように、オーナーは
「一番なのは本人に決めてもらうことでしょうか」と言う。
すると、Xの後にライダーマン、V3、新2号と続き、最後に新1号が現れた。

(続く)

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2009/06/24(水) 01:07:39|
  2. 特撮:仮面ライダー電王
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ca3.blog76.fc2.com/tb.php/448-f2b0c161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

CA-3

Author:CA-3
◆FgxkHl8096

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

広告

サーバー・レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※現在は募集していません。押しても無駄です。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。