旧三式保管所(移転済)

http://yaplog.jp/miyaty/の転載は永久に禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仮面ライダーディケイド(7)

ソース:フィギュア王No.134


「痛みは一瞬だ」

マスクと上半身に無数のカードが突き刺さったような異形の姿、
それこそが第二のライダー=仮面ライダーディエンドである。
変身するのは、海東大樹。
門矢士とは「ずっとすっと昔からの知り合い」だと話し、
その過去についても詳しく知る素振りを見せる。
異世界を横断する能力を持っているらしく、士の旅する世界へ出没しては独自の考えで行動する。
その目的は、想像を超える素晴らしいお宝の全てを手に入れること。
いわゆる”怪盗”である。
身のこなしは軽く、銃技にも長けており、変身前でもディエンドライバーを巧みに操る。
その実力は鳴滝ですら恐れるほど。
ディエンドの登場で物語は更に混乱を極める・・・!


ファイナルフォームライドの直前、ディエンドは「痛みは一瞬だ」と言い放つ。
ディケイドの「ちょっとくすぐったいぞ」とは真逆の意味と取れるが、
これは能力の違いによるものか、あるいは海東の言葉遊びか?

ディエンドはカードをディエンドライバーに挿入することで様々な技を繰り出す。
ファイナルアタックライドは「ディメンションシュート」。
恐るべきは「カメンライド」の力で、ディケイドが他のライダーに「変身」するのとは異なり、
ディエンドの場合、カードをディエンドライバーに挿すことでライダーそのものを
実体化させることが出来るのだ(現出したライダーのベルトがオリジナルと同じ点に注目)。
このライダー達に人格は無く、いわゆる操り人形なのだが、
戦力はオリジナルと比肩しうるものだけに厄介極まりない。


ディエンドライバーから流れる「カメンライド・レイ」「カメンライド:歌舞鬼」の声と共に
現れるライダーたち。
ディエンドと共に連携した銃技を披露する。


驚くべきは、この現出させたライダーを「ファイナルフォームライド」させられること。
13話ではブレイドを現出させ、ブレイドブレードを使用する。
もちろん、アタックライドも可能。
かつて登場したどのライバルライダーよりも強力な存在と言って間違いない。


何かの実験をしているらしい鳴滝により、ライダー達が思わぬ形で登場するのも
本作の楽しみの一つ。
ディエンドは鳴滝の作り出す異空間への出入りも自由に行えるため、
ライダーバトルは更なる混乱を見せる。

ファイズの世界は「スマートブレイン・ハイスクール」を舞台とした学園ものの様相を呈す。
オルフェノクの存在は人類の知る脅威となっている一方、
ファイズはこの高校の守護者として都市伝説的に語られる存在。

写真は、同校で「ラッキークローバー」と呼ばれる4人組。
いわゆる成績優秀・スポーツ万能の学園のアイドル的な集団だが、
その正体はオルフェノク。左から、
朱川(ロブスターオルフェノク)、
百瀬(タイガーオルフェノク)、
玄田(ドラゴンオルフェノク)、
城金(センチピートオルフェノク)。
百瀬訳の三浦涼介は、TV作品『超星艦隊セイザーX』ケイン(ビートルセイザー)役を演じており、
特撮ファンにはおなじみの顔。
やるときはやるよ。


ファイズに変身するのはスマートブレイン・ハイスクールの生徒・尾上タクミ(演:制野峻右)。
甲斐甲斐しい性格で、熱いものが大好き。
彼が戦う理由とは?


本作オリジナルのオルフェノクとしてタイガーオルフェノクが登場。
一度死んだオルフェノクを蘇生する力を持っており・・・。
左で対抗するのはウルフオルフェノク!
オリジナルのテレビシリーズを見ていたならこの正体にピンと来るはず。


ファイナルフォームライドの効果により、ファイズは「ファイズブラスター」へと変形する。
必殺技は「ディケイドフォトン」。

●4月のストーリー
10話 ファイズ学園の怪盗(3/29)
脚本:會川昇 監督:柴崎貴行
舞台は「ファイズの世界」。
学生服姿で世界に降り立った士はスマートブレイン・ハイスクールへと潜入。
そこは夜な夜なオルフェノクによる襲撃を受けており・・・。

11話(4/5)
脚本:會川昇 監督:柴崎貴行
同級生の由里を守るため、オルフェノクに変身するタクミだが、
逆に由里から拒絶されてしまう。
その頃、ラッキークローバーは”新しい入学式”を目論んでいた。

12話(4/12)
脚本:會川昇 監督:長石多可男
「アギトの世界」。
未確認生命体の脅威に、警察は神経断裂弾と強化装甲G3-Xで対抗していた。
ユウスケがいた場所とは異なる世界だが、そこには八代の姿が!

13話(4/19)
脚本:會川昇 監督:長石多可男
芦河ショウイチは異形の姿でアンノウンに応戦していた。
一方、新たなる種族=アンノウンの出現に、八代は
G4チップによるG3-Xの更なるバージョンアップを画策する。

14話(4/26)
脚本:小林靖子
「電王の世界」前編

15話(5/3)
脚本:小林靖子
「電王の世界」後編
関連:仮面ライダー電王(35)





ファイズブラスター
4月発売
2625円

上半身が無駄に驚異的な変形

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2009/03/22(日) 01:58:09|
  2. 特撮:仮面ライダーディケイド
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ca3.blog76.fc2.com/tb.php/384-b7ec4e3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

CA-3

Author:CA-3
◆FgxkHl8096

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

広告

サーバー・レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※現在は募集していません。押しても無駄です。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。