旧三式保管所(移転済)

http://yaplog.jp/miyaty/の転載は永久に禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

侍戦隊シンケンジャー(2)

ソース:ハイパーホビー3月号、東映ヒーローMAXvol.28、特撮ニュータイプ3月号


この世を支配しようと企む外道衆に立ち向かい、人々を守る、
武術と、不思議な文字の力”モヂカラ”を使う侍達・・・その名は侍戦隊シンケンジャー!


●STAFF
プロデューサー:佐々木基(テレビ朝日)、宇都宮孝明、大森敬仁(東映)、
          矢田晃一、深田明宏(東映エージェンシー)
監督:中澤祥次郎、諸田敏 ほか
脚本:小林靖子
音楽:高木洋
アクション監督:石垣広文(ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督:佛田洋(特撮研究所)
キャラクターデザイン:篠原保
アクション:福沢博文、押川善文、人見早苗、竹内康博、橋口未和、
       日下秀昭、蜂須賀祐一、大林勝 ほか
ナレーション:宮田浩徳

●火の侍 シンケンレッド 志葉丈瑠(しばたける)
演:松坂桃李

火の文字を操る侍。
志葉家18代当主。
子供の頃から、ジイによりシンケンジャーとして育てられた。剣の達人であり、
接近戦では天下無双の力を誇る。

クールで無愛想、メンバーにもなかなか心を開かないが、熱い正義の魂を持っている。
外道衆に両親を殺されていて、暗い過去を背負っているが、
周りにはそういった面を一切見せず、4人に対しても距離を置いている。
シンケンマルの共通ディスクを、回転させることで
シンケンレッドにしか使えない巨大な刀、烈火大斬刀に変形する。


※画像はレンスト

●水の侍 シンケンブルー 池波流ノ介(いけなみりゅうのすけ)
演:相場弘樹

水の文字を操る侍。
歌舞伎役者を目指しながら、両親から侍精神を叩き込まれたクソ真面目な青年。
堅物で真面目過ぎるため、天然ボケな一面もある。
単に堅いだけじゃなく、その中に熱さもあるが、それも皆とは温度差があるため、
時にはウザく思われている。
昔の風習やしきたりを重んじており、丈瑠に対してもきちんと「殿」と呼び、
自分の身分をわきまえている。
志葉家に対する忠誠心はメンバー一。
シンケンマルが変形した弓・ウォーターアローで敵を射抜く。

●天の侍 シンケンピンク 白石茉子(しらいしまこ)
演:高梨臨

天の文字を操る侍。
おしとやかにみえるが、実は気が強く、頭の回転も速く、姉御肌で5人のまとめ役。
思ったことをズバズバ言ってしまう性格。
世話好き、子供好きで、幼稚園でアルバイトをしていて、将来は普通に結婚を夢見ている。
一方で、シンケンジャーについては代々受け継がれていることであり、
心の底では戦いたくないと思いつつも、自分の宿命を受け入れている。
シンケンマルを変形させた扇・ヘブンファンで旋風を巻き起こし、敵を攻撃する。

●木の侍 シンケングリーン 谷千明(たにちあき)
演:鈴木勝吾

木の文字を操る侍。
高校3年生で、春から大学に進学するというタイミングでシンケンジャーに召集される。
いわゆる現代っ子で、殿様や主従関係などバカバカしいと思っており、
丈瑠を「殿」とは呼ばず、彦馬に対しても「なんだこのジイさん」という態度をとる。
自分自身に課せられた宿命を知りながらも、青春を謳歌していたい少年。
丈瑠とはライバル関係で、丈瑠の強さは認めつつ、常に対抗心を燃やしている。
陽気で裏表のない性格だが、修行をサボっていたため、武術もモヂカラも
精神的にも弱い面を持っており、他のメンバーよりは未熟。
シンケンマルを変形させた長槍・ウッドスピアを使う。

●土の侍 シンケンイエロー 花織ことは(はなおりことは)
演:森田涼花

土の文字を操る侍。
田舎で竹細工職人をしていた純粋な少女。京都弁で話す。
シンケンジャーになる予定だった姉が病弱なため、その代わりに選ばれて上京してきた。
純粋で素直すぎる性格が長所であり、欠点でもある。
武術全般を得意とし、笛の名手でもある。
シンケンマルを巨大な手裏剣・ランドスライサーに変形させて戦う。

●日下部彦馬(くさかべひこま)
演:伊吹吾郎

志葉家の忠臣。通称は「ジイ」。
丈瑠を子供の頃から侍として、殿として育て上げた。
丈瑠のことは自分の実の息子のように思っており、忠臣という立場をわきまえつつも、
時に厳しく叱咤する。
外道衆の復活に対応し、4人の家臣を招集し、シンケンジャーを結成。
メンバーからは口うるさいジイさんと思われている。

●黒子

シンケンジャーの周りで様々な雑用をこなす。
神出鬼没な彼(?)らは、侍戦隊にとって不可欠な存在である。

シンケンジャーは代々受け継がれている
シンケンジャーの力は、その証であるエンブレムと共に代々受け継がれたもの。
古くから外道衆と戦ってきているのだ。
かつてシンケンジャーが封じた外道衆の首領が復活したことで、
現代のシンケンジャーが召集された。

シンケンジャーは殿とそれに仕える家臣
シンケンジャーは1人の殿様と、殿に付き従う忠実な4人の家臣という5人。
だが、現代にそぐわないその関係性から、現代のシンケンジャーたちは、
それぞれ様々な反応をするそうで・・・!?

外道衆の動きを察知した「ジイ」こと日下部彦馬は、
シンケンジャー召集の決断を丈瑠に促すが・・・。


親の代から志葉家に仕えることを宿命と諭されてきた流ノ介と、
自分がシンケンジャーであることの意味を掴みかねている様子の千明は早速衝突する。


姉の代わりにシンケンジャーとなる決意をしたことは。
戦士としての未熟さを感じた彼女は、一途な思いから意外な行動に出る。


シンケンジャーとして戦うことの覚悟は決めている茉子は、
あくまでも冷静に丈瑠や仲間たちを観察しているようだが・・・。


君臣の絆には程遠いシンケンジャーの第一歩。
苦難を乗り越えお互いを分かり合い、真の主従関係を築けるのはいつの日か?


●ショドウフォン

シンケンジャーの変身アイテム。
それぞれもモチーフの漢字を空中に書くことによって変身を遂げる。


●折神
シンケンジャーのエンブレムが変身した、文字の化身。
獅子折神


龍折神


亀折神


熊折神


猿折神


●シンケンオー


5体の折神が変形、合体し完成する巨大な侍。
秘伝シールドとダイシンケンを操る。


●外道衆
この世とあの世の間にある三途の川に住んでいる化け物たち。
ドアの隙間、ビルとビルの隙間など、色々な隙間からこの世に現れる。
3人の幹部達、様々な能力を持っているアヤカシ、下っ端であるナナシ連中から成り立っている。
人間達が平和に暮らしているこの世を支配することが外道衆の目的である。
人間を襲うことによって、三途の川を増水させ、この世まで氾濫させることで
一気に支配しようとしているのだ。

●血祭ドウコク(声:西凛太朗)

御大将と呼ばれる外道衆の首領。
理由無き怒りと不満を常に持っており、機嫌が悪いときは
仲間でも簡単に処刑してしまう非道な性格。
常に酒を飲み、その怒りを抑えている。

●骨のシタリ(声:チョー)

外道衆一の知恵者で、様々な作戦を立てる参謀格。
ドウコクも一目置いている老人で、常に新しい研究に余念がなく、
人間は研究対象としか思っていない。

●薄皮太夫(声:朴路美)

ドウコクが唯一甘い顔を見せる側近。
美しいものが大好きで、美しいものを収集するのが趣味。
普段は船の中でおどろおどろしい音色の三味線を弾いている。

●アヤカシ
三途の川に棲む化け物。
古来から妖怪と呼ばれていたのは全てアヤカシのこと。
一の目、二の目という2つの命を持ち、一度死んでも、二の目を使い巨大化することが出来る。

●ナナシ連中

外道衆の戦闘員。
等身大のナナシ連中の他に、元々巨大に生まれた大ナナシ連中もいる。



●2月の秘伝放映一覧
第1幕 伊達姿五侍(2/15)
脚本:小林靖子 監督:中澤祥次郎
カゲカムロ登場

人知れず、隙間から現れる外道衆。
それをまた人知れず倒していく、赤い姿の侍──シンケンレッドだ。
その正体は志葉家の18代目当主・志葉丈瑠であった。
彼の忠臣・日下部彦馬は丈瑠に、外道衆の力が日々大きくなってきていると忠告する。
これに立ち向かうためには4人の忠義の家臣たちが必要だ、と。
だが丈瑠には、未だ会った事もない者たちが自分の家臣として戦うことなど、
想像も出来なかった。
そんな中、ついに外道衆の頭目・血祭ドウコクが目を覚ました。
ドウコクの怒りを鎮めるため、アヤカシのカゲカムロが「三途の川」から隙間を通り、
人間に悲鳴を上げさせるべく、この世へ現れる!

第2幕 極付粋合体(2/22)
脚本:小林靖子 監督:中澤祥次郎
オオツムジ登場

殿=丈瑠の元へ、家臣である流ノ介、茉子、千明、ことはの4人が集まった。
侍戦隊シンケンジャーの誕生である。
しかし、果たして彼らにどれほど厳しい戦いの道が待ち受けているのか──
それは本人たちにも知る由がなかった。
早速、ジイの主導で、家臣たちの訓練が始まる。
しかし千明は、会ったばかりの丈瑠を殿と素直に認めることが出来ず、
不満を露にするのだった。
「役に立たないやつは必要ない」と言ってのける丈瑠。
その言葉を聞いたことはは、志葉家の屋敷から姿を消した。
流ノ介、茉子、千明の3人は、ことはの行方を探すが・・・。

第3幕 腕退治静動技比(仮)(3/1)
脚本:小林靖子 監督:諸田敏
ロクロネリ登場

第4幕 女心涙地獄(仮)(3/8)
脚本:小林靖子 監督:諸田敏
ナミアヤシ登場



●玩具
シンケンマル&ベルト


ウォーターアロー&ウッドスピアセット


ショドウフォン


秘伝ディスク



エンブレム

シンケンジャーの5人が持っている印籠のようなエンブレム。
それぞれ特長的な形状をし、5人の操る文字が描かれている。

折神

5人が受け継いだ力でエンブレムからそれぞれ動物の姿に変形して折神となる。
更に5人が一体化し巨大化する。

DXシンケンオー



食玩

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2009/01/31(土) 02:48:51|
  2. 特撮:侍戦隊シンケンジャー
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ca3.blog76.fc2.com/tb.php/356-7b993084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

CA-3

Author:CA-3
◆FgxkHl8096

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

広告

サーバー・レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※現在は募集していません。押しても無駄です。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。