旧三式保管所(移転済)

http://yaplog.jp/miyaty/の転載は永久に禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス(2)

ソース:宇宙船vol.120、特撮ニュータイプ5月号


エンペラ星人との死闘を終え、つかの間の平和を取り戻した地球。
しかし、1ヶ月ほど前から再び怪獣の出現が頻発し始めた。
アイハラ リュウ隊長率いるCREW GUYSがその対応に当たる。
そんな中、リュウと新クルー・カナタが搭乗するガンウインガーが、
謎の球体に飲み込まれ消息を絶ってしまった。
球体は、エンペラ星人が乗り捨てた宇宙船<ダークネススフィア>であった。
その内部で、リュウたちは巨大な黒い影の襲撃を受ける。
それこそ<アーマードダークネス>。
かつてエンペラ星人のために鋳造され献上されたとも伝えられる呪われし闇、
不滅の魔鎧装であった。
ダークネススフィアの再起動も、怪獣の復活も、全てアーマードダークネスが原因であったのだ。
リュウの危機を救うため、再びフェニックスネストに集結するジョージ、マリナ、テッペイ、コノミ。
そしてもう一人、共に苦楽を分かち合った、なつかしいあの銀色の巨人が、
暗黒の鎧の前に立ちふさがる!



地球は我々人類自らの手で守らなければならないんだ!
ウルトラマンが地球を去った後も、リュウはその信条を貫き続けている。
満身創痍、孤立無縁な窮地にあっても、頼らず、諦めず、巨大な敵にメテオールショットを向ける。



新クルーのひとり、ハルザキ カナタ(演・三好真)。
TVシリーズの脚本に参加した作家・朱川湊人の連載小説
『ウルトラマンメビウス アンデレンスホリゾント』の主人公の名でもある。



メビウスの人間体、ヒビノ ミライ。
新クルーであるカナタにとっては、初めて出逢う伝説的な人物だ。
ミライは彼に何を語り、カナタは彼から何を学ぶのか。



サコミズ総監とミサキ代行、トリヤマ補佐官、マル補佐官秘書も健在だ。
サコミズはリュウたちを救出せんと、GUYSメットを手にガンフェニックスに向かうのだが・・・。



ジョージ、マリナ、テッペイ、コノミ。
夢を実現するため、それぞれの道を歩み始めていた彼らだが、
絆は途切れてはいなかった。
仲間を決して見捨てない。
それがGUYSの誇りなのだ。
髪を切ったマリナの姿が、月日の経過を感じさせる。



悪魔の鎧・アーマードダークネス。
児童誌や中日劇場のプレミアステージでは、本作の前日譚として、
並居る宇宙人がこの鎧を手に入れて支配者に成り代わろうとするエピソードが語られている。
では今、これを纏っているのは果たして何者なのか?



アーマードダークネスを追って、地球に帰ってきたウルトラマンメビウス。
だが、闇が支配するこのダークネススフィアでは、メビュームシュートも
メビュームブレードも雲散霧散してしまう。
しかもアーマードダークネスは、ウルトラマンを分解するレゾリューム光線を操る強敵なのだ。
どう戦う、メビウス!?

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2008/03/29(土) 02:25:24|
  2. 特撮:ウルトラマンメビウス
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ca3.blog76.fc2.com/tb.php/191-2f888346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

CA-3

Author:CA-3
◆FgxkHl8096

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

広告

サーバー・レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※現在は募集していません。押しても無駄です。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。