旧三式保管所(移転済)

http://yaplog.jp/miyaty/の転載は永久に禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仮面ライダーカブト(4)

ソース:フィギュア王No.107


47話(1/7)
脚本:米村正二 監督:石田秀範
ZECTによるワームの一掃作戦が成果を挙げる中、
ネイティブはネックレス型のワーム感知器を開発。
だが、その輸送車が襲撃を受ける事件が発生。
犯人の正体は?

48話(1/14)
脚本:米村正二 監督:石田秀範
ZECTの三島は擬態天道(ダークカブト)を再びエリアXへと拉致、
ネイティブにある”取り引き”を持ちかける。
ZECTの内部に生じる異変。
次々と語られる真実!!

最終話(1/21)
脚本:米村正二 監督:石田秀範
「人類の完全勝利宣言」を全世界に放送しようとしたZECT。
だが、その裏では思いも寄らない計画が進行していた・・・。
怒涛の最終回!













その他:
・その正体がワームだった事から、いずれこういった展開になる事は予想できていた。
だが、そのコメディリリーフ的な描かれ方から「もしや」と、
一縷の望みを抱いてもいた。
最後まで生き残る事を切望された、愛すべきキャラクターであった。
神代剣=スコルピオワーム。
またの名を「仮面ライダーサソード」。
20年の”人生”といくばくかのワームとしての”生”を全うした男。
岬への見当違いな想いが真実の愛へと変わる時、その魂の炎は費えた・・・。
大言壮語の絶えない男だったが、「全てのワームは俺が倒す」というその言葉に偽りは無かった。

カブト1月a


最期を看取る神代家の執事”じいや”。
だがそれは、剣の見た幻影だったのかもしれない・・・。

・ZECTのトップ・加賀美陸。
その右腕として活動していた三島正人。
彼らに訪れる意外な事態も最終章の見所の一つ。

・最終決戦を決意した天道が支えとしたのは妹のひよりの存在。
”人間”の兄と”ワーム”の妹。
この2人が共存できる世界こそ真に訪れる未来である、と祈りたいところだが・・・。

・もう一度、光を求めようと願った矢車と影山だが、
この地獄の兄弟にも過酷な運命が・・・。

・天道総司の擬態として現れたダークカブト。
最終章ではその正体が明らかとされる。
本作最大の悲劇が見るものを深い闇に落とす事だろう。

カブト1月b

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/12/21(木) 20:35:42|
  2. 特撮:仮面ライダーカブト
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ca3.blog76.fc2.com/tb.php/19-b57be541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

CA-3

Author:CA-3
◆FgxkHl8096

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

広告

サーバー・レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※現在は募集していません。押しても無駄です。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。