旧三式保管所(移転済)

http://yaplog.jp/miyaty/の転載は永久に禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

炎神戦隊ゴーオンジャー(2)

ソース:フィギュア王No.120、ホビージャパン3月号、ハイパーホビー3月号、
特撮ニュータイプ3月号、東映ヒーローMAX24号



●STAFF
原作:八手三郎
脚本:武上純希 他
監督:渡辺勝也 他
アクション監督:石垣広文(ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督:佛田洋(特撮研究所)
音楽:大橋恵
キャラクターデザイン:酉澤安施
プロデューサー:
八木征志(テレビ朝日)、日笠淳、和佐野健一(東映)、矢田晃一(東映エージェンシー)
アクション:
福沢博文、押川善文、人見早苗、竹内康博、今井靖彦、日下秀昭、清家利一 他



マシンワールド─そこは、「炎神」と呼ばれる
車型の巨大な超生命体が生息する別世界。
そこは、炎神と蛮機族ガイアークによる戦いが繰り広げられていた。
しかし、ガイアークは次元を超えて逃亡、今度は人間世界の侵略に着手する。
これを阻止すべく、炎神たちは人間世界(炎神はこれを”ヒューマンワールド”と呼ぶ)
へと飛び、協力者となる若者をスカウト──これがゴーオンジャーである。

ゴーオンレッドは江角走輔(演・吉原靖久)。


元は新人レーサー。

ゴーオンブルー・香坂連(演・片岡信和)は元バスの運転手。
ゴーオンイエローは楼山早輝(演・逢沢りな)。





中央は炎神の作ったサポートロボ・ボンパー(声・中川亜紀子)

ゴーオングリーン・城範人(演・碓井将大)は元宅配ピザのアルバイト。
1話ではまだゴーオンジャーに加わっていない。
ゴーオンブラック・石原軍平(演・海老澤健次)は元警察官。
1話の時点ではゴーオンジャーを探る謎の男として登場。



ギンジロー号はゴーオンジャーの移動型基地。


ガイアークの出現するところ、ゴーオンジャーはどこへでも駆けつける!





炎神は本来の巨大な姿でヒューマンワールドに留まる事は出来ない。
そのため、炎神キャストと呼ばれる小さな「体」と、
炎神ソウルという「魂」に自らを分ける必要がある。
炎神が本来の姿に戻るためには、人間が炎神ソウルを炎神キャストに
セットしなければならない。
3体の炎神は「炎神合体」することでエンジンオーとなる。
必殺技はゴーオングランプリ。



勇気満タン、ハイウェイスター!炎神スピードル(声・浪川大輔)
ゴーオンレッドを相棒とする、スーパーカー型炎神。
コンドルに似た性質を持ち、ウイングを左右に展開することが出来る。
常にトップスピードにこだわる直情型。
「ぶっちぎるぜ」が口癖の一直線野郎。



粋でいなせな安全運転!炎神バスオン(声・江川央生)
ゴーオンブルーを相棒とする、大型バス型の炎神。
ライオンに似た性質を持ち、安全運転で仲間をガードする。
べらんめえ口調の豪快な江戸っ子。



愛嬌と度胸のタフガール!炎神ベアールV(声・井上美紀)
ゴーオンイエローを相棒とする、RV車型の炎神。
クマに似た性質を持ち、アグレッシブな噛み付き攻撃を得意とする。
関西弁で喋る、おてんばな性格。



気楽なドリーマー!炎神バルカ(声・保志総一朗)
ゴーオングリーンの相棒となる炎神と思われるが、未だ出現しておらず、
どこにいるのか、どんな性格かも不明。



ハードな緊急出動!炎神ガンパード(声・浜田賢二)
ゴーオンブラックの相棒となる炎神と思われるが、やはり未だ出現しておらず、
どこにいるのか、どんな性格かも不明。



ほかにも多くの炎神がいるようだが、人間世界に降り立ったのは
今のところこの3体だけらしい。

●蛮機族ガイアーク


炎神たちの住むマシンワールドにいた種族で、汚い環境が大好き。
写真は幹部の3人。
害気大臣キタネイダス(声・真殿光昭)は怒ると頭の煙突から煙が出る。

害水大臣ケガレシア(演・及川奈央)は怒ると頭のバルブが開き、蒸気を噴き出す。


害地大臣ヨゴシュタイン(声・梁田清之)は怒ると頭のピストンが激しく上下する。

ガイアークは孤島に作り出した「ヘルガイユ宮殿」を根城とする。

ガイアークの蛮機獣は、蛮地目、蛮水目、蛮気目の3種に大別される。


中央が蛮気目蛮機獣ショウキャクバンキ。
蛮機兵ウガッツはガイアークの一般兵士。



●2月のストーリー
第1話 俺たちがヒーローだ(仮)(2/17)
脚本:武上純希 監督:渡辺勝也
・ショウキャクバンキ登場
人間世界を支配せんと企む蛮機族ガイアークの尖兵、蛮機獣ショウキャクバンキが現れた。
だが、これを迎え撃った”ゴーオンジャー”と名乗る三人の若者の活躍で、
ショウキャクバンキは退却を余儀なくされる。
本拠であるヘルガイユ宮殿に逃げ帰ったショウキャクバンキは、
ゴーオンジャーが”炎神”と関係しているのではないか、とガイアークの三賢人に告げた。
色めき立つ幹部たち。
一方、ゴーオンジャーの動向をうかがう、二人の若者がいた。
彼らの目的は、いったい何か?

第2話 新たなる相棒たち(仮)(2/24)
脚本:武上純希 監督:渡辺勝也
・パイプバンキ登場


三人のゴーオンジャーは、炎神たちと力を合わせて、ショウキャクバンキを倒すことに成功した。
しかし、このまま黙っているガイアークではない。
早速、新たな蛮機獣パイプバンキを送り込んできた。
ダムの水をにごらせようとするパイプバンキの前に、敢然と立ち塞がるゴーオンジャー。
同じ頃、ゴーオンジャーの活躍を目撃し、その強大な力に惹かれた石原軍平は
自分もゴーオンジャーになるための方法を探していた。
そこで彼は更なる情報を求め、走輔たちの留守を狙い、ギンジロー号から
サポートロボット・ボンパーを誘拐してしまう。

第3話 森が沈む(仮)(3/2)
脚本:武上純希 監督:諸田敏
・スコップバンキ登場

第4話 新たなる炎神(仮)(3/9)
脚本:武上純希 監督:諸田敏
・スプレーバンキ登場

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2008/01/31(木) 01:04:34|
  2. 特撮:炎神戦隊ゴーオンジャー
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ca3.blog76.fc2.com/tb.php/158-c2acebaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

CA-3

Author:CA-3
◆FgxkHl8096

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

広告

サーバー・レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※現在は募集していません。押しても無駄です。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。