旧三式保管所(移転済)

http://yaplog.jp/miyaty/の転載は永久に禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

特命戦隊ゴーバスターズ(22)

ソース:ニュータイプ7月号


16話 亜空間から来た男(6/10)
脚本:小林靖子 監督:金田治
13年前、亜空間へ転送されたはずの陣マサトが、当時と同じ若い姿でヒロムたちの前に現れた。
陣は以前、転送研究センターで開発を担当していた天才エンジニアで、リュウジの憧れの先輩だった。
しかしそんな陣が、メタロイドを倒しながらも、エネトロンは奪い去るという謎の行動をしたため、
特命部は彼の正体が本当に陣なのかどうか、掴みかねていた。
そんな折、基地にビート・J・スタッグと名乗るバディロイドが現れる。
ヒロムが外にJを迎えに行くと、エネトロンを昨日から全く飲んでいないと言って、突然倒れてしまう。

17話(6/17)
脚本:小林靖子 監督:竹本昇
黒木司令官と同期の仲だという陣。
エンジニアとしては非常に優秀ではあるものの、
供給許可が下りる前に勝手にエネトロンを取ってしまうなど、
何かと行動が自由すぎて、黒木も頭を抱えていた。
そんな陣に黒木は司令官として忠告を入れようとするが、
そこで昔の「黒リン」というニックネームで呼ばれてしまい、
更には若い頃の少し恥ずかしい過去を皆にばらされそうになってしまう。

18話(6/24)
脚本:毛利亘宏 監督:竹本昇
普通ならエネトロンタンクの無いような山奥で、エネトロン異常消費反応が検出され、
メガゾードの転送反応までも確認された。
早速ヒロムたちがその現場に向かうと、そこに幅3000mもある巨大な穴が出現していて、
近くではメタロイドがしばしば目撃されるようになっていた。

19話(7/1)
脚本:下山健人 監督:舞原賢三

20話(7/8)
脚本:小林靖子 監督:舞原賢三

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/06/07(木) 20:19:13|
  2. 特撮:特命戦隊ゴーバスターズ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ca3.blog76.fc2.com/tb.php/1293-4b698671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

CA-3

Author:CA-3
◆FgxkHl8096

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

広告

サーバー・レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※現在は募集していません。押しても無駄です。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。