旧三式保管所(移転済)

http://yaplog.jp/miyaty/の転載は永久に禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

非公認戦隊アキバレンジャー(4)

ソース:ハイパーホビー6月号、東映ヒーローMAXNo.41
http://yaplog.jp/miyaty/ の一切の転載禁止


4話 禁じられた妄想は青い背徳の痛み
脚本:香村純子 監督:鈴村展弘
門前仲町ハシビロコウ登場
美月が格闘技の合宿で一時秋葉原を離れるため、信夫とゆめりあには妄想禁止令が発せられる。
だが2人は結局妄想を抑えきれずステマ乙が出現、何故かアキバブルーが襲いかかってきた!






現実世界でゆめりあに「獣拳戦隊ゲキレンジャー」のメレのコスプレをさせたことがきっかけで
信夫の妄想にスイッチが入る。
「爆竜戦隊アバレンジャー」のリジュエル(博世)、リジェ(ゆめりあ)、ジャンヌ(美月)、
「百獣戦隊ガオレンジャー」のテトム(さやか)、「特捜戦隊デカレンジャー」の白鳥スワン(博世)、
「轟轟戦隊ボウケンジャー」の風のシズカ(美月)、「電撃戦隊チェンジマン」の渚さやか(さやか)・・・。
更に彼の妄想は爆発し、なんとさやかは「星獣戦隊ギンガマン」のシェリンダの姿に!

5話
脚本:香村純子 監督:鈴村展弘
歌舞伎町メスグロヒョウモンチョウ再登場
今日は、ゆめりあの母親が「マウントペア銀河」から地球へ降臨する日だという。
つまりは山梨から上京してくるだけの話なのだが、信夫は焦り、
すぐに美月と一緒にゆめりあの部屋へ向かった。
信夫の考えでは、3人がアキバレンジャーとして戦い続けるためには、
親にも正体を隠しておかなければならないのだ。
しかし、やって来た母・雅子の意外な姿に信夫と美月は衝撃を受ける─。


カテゴリー的には「イエローの親・上京回」。
これだけでパターンを想像できる貴方はアキバレンジャー候補生だ。
しかし、物語は貴方の予想と違った方向へ急カーブ!?


この表情・・・一体彼女に何があったのか?

6話
脚本:荒川稔久 監督:田崎竜太
下北沢ホヤ登場
信夫は「佐々木ポンポコデリバリー」の仕事で、東映東京撮影所の所長に荷物を届けることになった。
「公認様」の聖地へ行けば、アキバレンジャーとして大事な何かを学べるかもしれない・・・。
そう思った信夫は、美月を連れて撮影所へと急ぐ。
無事に荷物を届けた後、信夫たちが撮影所内を散策していると、
なんとそこには、あの伝説のスーツアクター・新堀和男の姿が。
その剣捌きに魅せられた美月は、弟子入りを志願する。

7話
脚本:荒川稔久 監督:田崎竜太
代々木スジボケハシリグモ登場
なんとマルシーナから、「ひみつきち」宛てに花が贈られてきた。
マルシーナは秋葉原に「堕メイド喫茶 ワルきち」を近日オープン予定だという。
しかし、元々は信夫の妄想の産物のはずのマルシーナが、何故現実世界で行動を起こしているのか?
これは何者かの罠なのだろうか!?
信夫たち3人は、メッセージカードに書かれた地図を頼りに、
「ワルきち」がオープン予定のビルへと向かうのだった。

8話
脚本:香村純子 監督:鈴村展弘
月島アルパカ登場
「ひみつきち」に、東映のプロデューサーと名乗る人物から電話がかかってきた。
自分たちが公認戦隊になれるチャンスがきたと思い、喜ぶ信夫たち。
しかし博世は、この電話を切ってしまった。
その態度を不審に思いつつも、3人は自ら勝手に銀座の東映本社へと向かうが、
単なるイタいファンだと思われて(←事実だけど)追い出される。
そのころ博世は、ある大学教授を訪ねていた。




テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/04/27(金) 18:57:35|
  2. 特撮:非公認戦隊アキバレンジャー
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ca3.blog76.fc2.com/tb.php/1264-69e8b16b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

CA-3

Author:CA-3
◆FgxkHl8096

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

広告

サーバー・レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※現在は募集していません。押しても無駄です。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。