旧三式保管所(移転済)

http://yaplog.jp/miyaty/の転載は永久に禁止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

非公認戦隊アキバレンジャー(2)

ソース:フィギュア王No.170


「イタサハツヨサ!非公認戦隊アキバレンジャー!」


●STAFF
原作:八手三郎
プロデュース:日笠淳、石川啓(東映)、矢田晃一(東映エージェンシー)
脚本:荒川稔久、香村純子
監督:田崎竜太、鈴村展弘
アクション監督:大橋明(AAC STUNTS)
音楽:川井憲次
VFX:ツークン研究所
造型:レインボー造型企画
アキバレンジャーデザイン:プレックス
キャラクターデザイン:さとうけいいち
スーツアクター:和田三四郎、大橋遥、藤田房代、秋山智彦、、前田浩 ほか

「デカレンジャーなら伴番おしッ!」
●赤木信夫

「佐々木ポンポコデリバリー」で働く青年。
29歳なのでおっさんゾーンに片足突っ込んだ微妙なお年頃。
重度の戦隊オタクで、その知識はハンパなし!
「妄想力」に長けており、アキバレンジャーではリーダー的存在。
最近は『にじよめ学園 ズキューーン葵』というアニメにハマっている。


メッセンジャーで鍛えた頑丈な足腰は戦闘に役に立たない。

「アキバブルー・・・・・・ってことで」
●青柳美月

一見クールな女子高生だが、総合格闘技の猛者。
格闘技の世界を飛び越えて技を極めるべく、アキバレンジャーに参加する。
性格は勝気で、年長者の信夫にも容赦ないキツイ言葉を浴びせる。
一般人に近い感性を持っているが、『にじよめ学園 ズキューーン葵』は大好きで・・・。


2人に比べてオタク度は低く、3人での名乗りポーズにはかなり抵抗がある模様。

「えと、ニャーはイエロー・・・・・・あ、アキバイエローでぇ」
●萌黄ゆめりあ(コスプレネーム)

はにゅーんなコスプレ娘。
スーパー戦隊や『にじよめ学園 ズキューーン葵』のみならず、
秋葉原のオタク文化をこよなく愛する23歳・・・って、若く見えるが実はれっきとした社会人。
コスプレが趣味だけに、ネコ耳以外にも多くのスタイルを披露するが、
その都度に性格や喋り方も変わったりして掴みどころがない。


赤木ほどではないが、スーパー戦隊の知識も豊富。
女子ゆえの偏った嗜好もあったりで・・・。

●MMZ-01 モエモエズキューーン

変形フィギュア=モエモエズキューーンによって3人はアキバレンジャーへと変身する!
MMZ-01は変身後もアキバレンジャーの専用銃になる他、
葉加瀬との通信機にもなるというスグレモノ。
アキバレンジャーの必殺技は、3人が同時にMMZ-01を放つ「萌えマグナム」。


MMZ-01を開発したのは葉加瀬博世。
秋葉原にある戦隊カフェ「ひみつきち」の店長だ。
なぜ彼女がこの変身武器を開発したのか?
そもそも葉加瀬は何者なのか?
悪い人じゃないと思うけど、謎だらけの人です。

●イタッシャーロボ

マシンイタッシャー(信夫命名)が非公認変形したロボット形態。
車が変形しただけなので、サイズは公認様(スーパー戦隊)のロボほど大きくない。
アキバレンジャーが登場するが、上手く操縦するためには大きな妄想力が必要。
普段のマシンイタッシャーは「ひみつきち」が入るテナントビルの駐車場に堂々と止められている。

●こずこず(演:愛川こずえ)

戦隊カフェ「ひみつきち」のメイド。

●本位田さやか(演:森田美位子)

秋葉原にある小さな編集会社に務める女性。
信夫の憧れのマドンナで、妄想にも度々登場する。

●『にじよめ学園 ズキューーン葵』

人気超上昇中のアニメ作品。
劇中の秋葉原ではこの作品とスーパー戦隊シリーズがとにかく人気。
映画化も決まり、葵タンの人気は高まるばかり。

●邪団法人ステマ乙
オタク文化を否定し、秋葉原を別の街に造り変えようと企む謎の組織。
再開発部長のマルシーナを筆頭に、係長の怪人と平社員のシャチークが実行部隊となって街を襲う!
戦いの前には名刺を差し出す律儀な習慣も!?

●再開発部長マルシーナ

邪団法人の女性幹部。
ボンテージなピッチピチ衣装に身を包み、秋葉原制服の陣頭指揮を執る。
人間に化けた姿で街に潜む。

●平社員シャチーク

いわゆる戦闘員。
「ノルマ!」「ザンギョウ!」と叫びながら戦う姿が悲哀を誘う。
任務によって首から下の衣装が異なる。

●渋谷セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ

邪団法人の係長。
オタクを「キモくてダサい堕落した文化を発展させ、ファッションを衰退させる元凶」とみなし、
秋葉原を第二の渋谷にしてもっと洗練された街にしようと画策する。



深夜枠での放送にもかかわらず、バトルは盛大に展開!
カラー爆煙&崖からのジャンプといったアクション、
採石場っぽい戦闘場所に至るまで懐かしの昭和特撮作品を彷彿とさせるが、
これに最新のVFXが加わることで新感覚のバトルが堪能できるハズ!
ちなみに、バトル場は毎回何故か東映特撮作品でお馴染みのロケ地になるらしい、との噂・・・。




テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/03/22(木) 19:01:03|
  2. 特撮:非公認戦隊アキバレンジャー
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ca3.blog76.fc2.com/tb.php/1233-e9c3edf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

CA-3

Author:CA-3
◆FgxkHl8096

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

広告

サーバー・レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※現在は募集していません。押しても無駄です。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。